だれも教えてくれない。『オーストラリア英語』が聞き取れない本当の理由はコレだった。

オーストラリア英語




オーストラリアはワーキングホリデーや留学、観光など英語を学ぶ目的としても、とても人気のある国です。

英語を学びたいと考え、オーストラリアへの留学を考えている方や、オーストラリア人の英語リスニングに悩んだ経験がある方は多いはず。

または観光でオーストラリアへ行くことを予定している方々へ、少しでもオーストラアについて知識を持てば、よりオーストラリアでの時間が素晴らしいものになるはず。

今回はそんな方々のためにオーストラリアの英語について大まかに解説していこうと思います。

目次

  1. なぜオーストラリア英語は難しいのか?オーストラリアの歴史を簡単に学んでその理論を知る。

  2. オーストラリア固有の発音。様々な変化と活用

  3. オーストラリア独自のスラングや言い回し。代表的なものを知る



1 なぜオーストラリア英語は難しいのか?オーストラリアの歴史を簡単に学んでその理論を知る。

まずその国の言語を知るということは歴史や文化を知ることです。英語が難しいとされている大きな理由はその歴史にあります。

多くの人が勘違いしているオーストラリア人について。

代表的なオーストラリア人としては「ヒュージャックマン」や「マーゴットロービー」「ミランダカー」などがあがると思います。

しかしオーストラリアの歴史を辿る ” indigenous Australian “つまりは先住民は黒人なのです。ではそれがどのようにオーストラリア英語と絡んでいるのか?

すこしオーストラリアの歴史を振り返りますと、1788年UKつまりはイギリスがオーストラリアの土地を発見し多くの人々をこの地に送りました。

それまで先住民とされていたindigenous Australianの歴史が変わった瞬間です。それまで独自の文化が築き上げられたこと約60,000年。

これは世界的に見てもかなり長い文明とも言えるでしょう。

そして先住民たちがそれぞれの集落をオーストラリア各地で築き上げ、約250以上の集落と言語そして800以上の方言がオーストラリアには存在していました。

これがイギリスから送られてきた人々により英語という一つの言語を強制され多くの集落から言語がなくなりました。

こちらはオーストラリアの先住民たちが作った音楽。独自の楽器を使い、集落で使われている言語で歌われています。



しかし英語を学んだあとも母国のまなりは100%消えることはなく、いくつかの発音がなまりとして残りました。

こうしてできたのがオーストラリア英語なのです。

現在ではこれに、各国の移民が混ざり合い、様々な文化となまりが共存しています。

こうした歴史の背景と現在の移民国としての形がオーストラリア英語を複雑にしているのです。

そこでオーストラリア英語を一般的な3つのカテゴリーとしてわけられたものがこちらです。

Broad Australian English

なまりの強いアクセント

General Australian English

一般的なアクセント

Cultivated Australian English

イギリス英語に近いアクセント


2オーストラリア固有の発音 様々な変化と活用

ここでひとつ実践的な内容として感情を表す表現で代表的なオーストラリアらしい英語発音を紹介します。

  • NICE
  • LIKE

上記にふたつの形容詞。あなたならどのように発音しますか?

答えはこちら。

文字で表現しますとoilです。

続いて「ɑː」の発音

例として

  • car
  • smart
  • farm

aサウンドの後のRは発音しません。

アメリカ英語



オーストラリア英語


オーストラリアでは多くのシーンでRの音がなくなる、または弱く発音されます。そのほかにもオーストラリア独自の発音が多く存在します。

またオーストラリア人の多くが言葉の間に

  • yeah
  • aye
  • nah

を多用します。

これは日本語でいう

  • えーと
  • あのー

などのフィラーと呼ばれる言葉。

これも慣れるまではそれがフィラーなのか単語なのかの判断がとても難しいです。

ですが事前知識としてこれらの言葉が多用されるということを知っているだけでもリスニングに役立つのではないでしょうか?

3オーストラリアの代表的なスラングや言い回し

最後にオーストラリアでよく使われるスラングや言い回しについて紹介します。

1 G`day / how are you

2 Arvo / afternoon

3 Brekky / breakfirst

4 Bucks / dollars

5 Ta / thank you

6 Na yeah / yes

7 Yeah na / no

8 Thongs / rubber flip flops

9 Good on ya / Good work

10 Smoko / break time

以上はとっても代表的なスラングです。それ以外にもとてもたくさんのスラングや言い回しがオーストラリアには存在します。

今回はオーストラリアの歴史と発音、スラングについてざっくりと紹介しました。この記事がみなさんのお役に立つことを願っています。

strayan English

オーストラリアのメルボルンにオーストラリア人の妻と過ごしています。

おすすめ記事