オーストラリアで車を運転する時「絶対に気をつける事3選」

オーストラリアに来て運転を始めたばかりの頃、知らないがために罰金を取られてしまった僕の実体験から、これ以上オーストラリアで犠牲者がでないよう「オーストラリアで車を運転する」にあたり必要なことをにシェアしていきます。

  1. 注意するのは警察だけではない!
  2. 駐車場所には気を付けて
  3. 未然に防ぐために!



注意するのは警察だけではない!

僕は静岡県出身で、どちらかといえば田舎住みだったのであまり東京など都会の道路状況についてはわからないですが、基本的に運転中日本で一番注意しなければいけないのが、パトロール中の警察。パトカーからバイク、道端で立っている警察官とあらゆる場所で目を光らせています。そのため運転中では「周りに警察がいないか?」というのに一番注力を割いていました。

しかしオーストラリアでは、これらパトロールに加えて、道路の至る所にスピードと信号無視用のセンサーカメラが設置されています。運転中に余程注意しておかなければどこにカメラが設置されているのか最初のうちは気が付くのも難しいでしょう。そのため道路の法定速度に築かず5キロをスピードオーバーしたものならセンサーに引っ掛かり写真を2枚パシャリ。

速度によってですが最低でも200~300ドルの罰金。

なぜシャッターが2回切られるのかと言うと信号無視の違反の場合即座に止まりバックして停止線へ戻ればセーフとなるケースがあるからです。

万が一ギリギリの赤信号で止まった場合、バックして停止線へ戻れば罰金を回避することができるかもしれません。

2駐車場所には気を付けて

運転をするということは、車の駐車時にも注意が必要です。


この標識の見方は、一番上の1Pとは1時間のみ駐車可能という意味。

下は該当する時間と曜日です。基本的にこの時間、曜日以外だったら自由にそのエリアに駐車することができます。

Parking sign - loading zone

そのほかにこのような赤色の標識は基本的に一般車は停めることができません。

ローディングなので荷物の載せ降ろし用のスペース。基本的にはトラックやバンのみとなっています。

赤色の標識にはそのほかにバス専用やタクシー専用もあり、例え数分だったとしても、罰金の対象となってしまうので駐車、停車は控えましょう。

Parking sign - multiple signs

その他にこのようないくつかの条件が組み合わさった標識も存在します。

この場合 月~金の夜4時~6時は停止禁止。朝9時~4時はローディングゾーン

それ以外は15分のみ駐車可能。といった感じです。

3未然に防ぐために

オーストラリアでは信号、スピードカメラの設置場所についてウェブサイトにて公表されています。

https://www.camerassavelives.vic.gov.au/camera-locations

こちらがサイトになります。

どこか遠出をするときにはこちらのサイトを見てカメラがありそうな場所の通りの名前など覚えておくと少しは役に立つかもしれません。


スピードカメラには最新の物から、古い物までいろいろな形がありますが、こちらがオーソドックスな形でしょう。

なお、よく見落としがちなのですが、カメラ設置の交差点手前にはこのような標識が必ず立っているのでそれも運転中に注意して見ておくとよいでしょう。

こちらの標識が見えた際はスピードを落としておくといいです。

strayan English

オーストラリアのメルボルンにオーストラリア人の妻と過ごしています。

おすすめ記事