ワーホリ2年目の僕が日本にいた時の自分に伝えたい事!!

もし今の僕が「2年前のオーストラリアのワーキングホリデーを考えている自分」に何か伝えることができるのだとしたら?

今回は過去の自分にアドバイスするつもりでお話しできたらと思います。

今ワーホリに行こうか迷っている方などに参考となえば幸いです。

  1. 踏み出す勇気
  2. バックパッカーに泊まりなさい
  3. みんな同じ人間
  4. 英語力よりスキル力


踏み出す勇気

一番最初に僕が過去の僕に伝えたいことは、踏み出す勇気。

僕は自分でもあきれてしまうほどかなりの心配性で、何かちいさなことひとつ行うのでも、なかなか踏み出すことができないような人間です。

正直このオーストラリアのワーホリも当時は行くかとても悩みました。

最後の最後で僕が行くことができた理由は知り合いの方から、「もしすぐ帰ってきてもうちで働かせてあげるよ」と言って頂けたからです。

もしもの時用で貯金していたお金も少しはあり、少なくとも2か月は何もしなくても生きていけるだけのお金も用意していました。

しかしいざオーストラリアへ来てみれば、意外と日本人の方が多く、いろいろな場所で様々な国の人と交流できるイベントも行われており、僕が想像していた以上に「生活する+楽しむ」のは難しくはありませんでした。

最初にやるべきことリストの銀行口座を作るときもウェブサイトで口座の作り方を詳しく載せているサイトを参考に「聞かれること」「必要なもの」をモーラして行ったので、英語に自信がなかった僕でも口座を作ることができました。

もちろんお金はたくさんあったことに越したことはないですが、もしお金がネックでワーホリをやめようと考えているとしたら勢いで行ってみるという選択もあったのだと今では思います。

こちらで暮らした中でたくさんの「オーストラリア入国時に所持金が1000ドル以下」という人に会ってきて、そんな方々もなんとか仕事を探して生活することができていました。

ワーホリのように人生にとってとても大きな決断をするにはとても勇気がいるものでしたが「人間やればなんとかなる」的な考えをもっと僕の中に持ちたいと思っています。


バックパッカーに泊まりなさい

次に過去の僕に伝えたい事は最初に泊まるなら絶対バックパッカー!

です。

これは僕の失敗例からのアドバイスなのですが、当時の僕の考えは予算的になるべく安く、そして現地について詳しい人が常にいる環境で数か月は暮らしたいと考えていました。

もちろん土地感も当時はなく、危険なエリアかそうでないのかも知らずに、「ホストファミリーの家に手ごろな値段で泊まらせてもらう」というのが当時の僕にとって最適な選択だと考えていました。

もちろんホームステイ全般を否定しているわけではありませんし多くの学校はホームステイとセットで売りにしているところもあります。

僕の友達でホームステイしながら学校へ通っている人もいましたし、彼らが不満があったわけでもありません(強いて言えば門限があったくらい?)

これはたまたま僕がステイした家が悪かったのかもしれませんが、そこは場所的にあまり治安が良いとされていない場所で、ご飯付きという条件で少し高めの料金を払っていたのにご飯が提供されなかったり、まず街の中心部から電車で1時間もかかる郊外だったりといろいろと不便なことが多かったです。

ちなみにホームステイ先はインターネットで自分で探しました。

中には素敵な家もあると思いますが、もし過去の僕がそれでもホームステイをしたいと言ったら

  • 中心部から近いロケーション
  • 食事なしで少しでも安く
  • ホストファミリーの公用語

は確認しろと伝えたいです。

公用語についても、僕のホストファミリーはギリシャ人の老夫婦で英語がほとんど話すことができず、家に訪れた知人もみなギリシャ人のため英語を使わない生活をしていました。

ではなぜ僕がバックパッカーをおすすめするのか?

それはこのホームステイの期間を終えた後、僕は中心部にあるバックパッカーにしばらく泊まりました。

そしてそこで多くの友達を作ることができ、またいろいろなイベントは中心部で行われることが多いため、安く中心部に泊まることができ、1時間以上かけて通う必要もないわけです。

またここで出会った人から、僕の知らない多くの情報を聞くこともできてその後のオーストラリア生活をさらに充実させることができました。

みんな同じ人間

これはオーストラリアへ来る前に、僕はあまり外国人と触れ合う機会がなく、すこし外国人に対して怖いという印象を持っていました。

特になにかされたわけでもないですが、人種が違うというだけでなぜか卑下されているのでは?と思っていました。

しかし多くの人と話したり、遊んだりしていく中で、「人は人」と感じるようになり、外国人は社交的で日本人はシャイみたいなイメージみたいなものでだんだん薄れていきました。

またそう言った考えが友達を作る多くの機会を逃してしまうのだと知り、今では人種ではなく人で相手のことを考えるようになりました。


英語力よりスキル力

これは僕がオーストラリアで2年間ワーホリとして生活した後パートナービザを申請して先のことを考えた時に思ったことです。

ワーホリ中はたしかに今、生きることができればそれでよかったのですが、いざここへ住むとなったときに、やはり安定してかつ十分な収入が必要となります。

これはワーホリでの生活を1ランク2ランク上げるものでもあると思いますが、 もし僕にスキルがあったら。といつも思っていました。

僕のパートナーはオーストラリア人でもちろん英語が第一言語です。

しかし現在まで働いた経験がなくここで仕事を探すのにものすごく苦労していました。

しかし僕の知人で同じワーホリで来ていて、しかも英語がほぼ話せないような人でも日本でラーメン屋のシェフをしていた経験からスカウトされ、会社からビザ提供され週に1000ドル以上稼いぎながらこちらに滞在している人もいます。

彼は住む家もインターネットも車も提供されていました。。

これらはあくまで一例ですが、オーストラリアで、もしあなたが経験したことがない職に就こうと考えているなら、それは英語が堪能なオーストラリア人でも難しい。ということです

逆に言えば英語が多少話せなくてもスキルがあれば、知人のように仕事を獲得して十分な収入を得ることができます。

いまこの記事を読んでくださっている方がいつなのかはわかりませんが、僕がこの記事を書いているのはコロナでオーストラリア中から仕事が減ったり一時的にストップしており、とても仕事と自分のスキルについて考えさせられているからです。

海外は日本よりも初心者に厳しく、またその反面経験者はとても優遇される傾向にあります。

いろいろ求人情報を毎日のように見ますが、もし過去の自分に何かひとつスキルについてアドバイスするとしたら、プログラミングでしょう。

理由はここ数か月求人情報が絶えずあるのと、その給与の良さです。

おそらく過去にプログラミングを学んだことのない状態から実用的なレベルになるには多くの時間がかかりますが、お金や英語を貯めたり伸ばすより、スキルをつけることが一番の武器になると思います。

最近では今からでも遅くはないのかと思い、様々なオンラインで学べるコーディングスクールのリサーチをしたり、詳しい友達に聞き、おすすめのスクール

【CodeCampGATE】

を見つけたのでこちらも皆さまにシェアできたらと思います。

もし海外で働くことに興味があってスキルをつけようと考えていましたら、ぜひチェックしてみてください。

strayan English

オーストラリアのメルボルンにオーストラリア人の妻と過ごしています。

おすすめ記事